Loop_9のがればんたいにいてぃっぷす。Vol.01

こんにちは(笑)。
エラそーに言うほど詳しいわけじゃないけど、2年あまりの経験の中で見つけた、自分なりの GarageBand の面白い&変な使い方を紹介していきたいと思います。
つか、細かいテクネタを話し合うの大好きなんですが、曲のコメント欄じゃ書ききれないことも多いので、こんな形で書いてみたいなあと、常々思っていたのです。
まあ、暇つぶしに読んでもらえれば&ヒントにでもして頂ければ、って感じです。

今回のテーマ:ダブっぽいのはお好き?〜GarageBandでダブ処理

1)スネアをリバーブでスコンと抜く

曲の途中でワンポイントのアクセントとして「すこーん…」とリバーブで抜けるスネア、ワクワクしますよねえ。
(1行目で既に明らかになってますが、前提とか訴求層とかがちょっとオカしいです(笑))
これは2年前からけっこう試行錯誤しながらやってたんですが、現時点での結論は、
リバーブ成分のみを別トラックで鳴らす
というのがベストの選択っぽいということです。

ところが、標準のリバーブ(トラック設定の一番下にあるやつ)では実音を完全にカットする、という設定は出来ない。付属のプラグイン「AUMatrix Reverb」でdry/wet mixを100%にすれば可能なのですが、こいつ、どうもいまいち使い勝手がよくない(私見)。ここでオススメしたいのは、フリーのプラグイン「Freeverb」というリバーブ。

あ、ちなみにこういうAU(Audio Unit)プラグインは、「Macintosh HD/ライブラリ/Audio/Plug-Ins/Components」 に入れればGarageBandで使えるようになります。
ただAUプラグインにも色々な形式があるらしく、ここに入れてGarageBandで見れない&使えないものは、2秒で「ああこれはダメだねえ」って諦めてください(笑)

この「Freeverb」のいいところは、実音とリバーブ音を、独立したボリュームでいじれるんです。つうわけで「スネアをスコーン!」をやりたい時は、こんなセッティングにした別トラックを作っておくのですよ。

で、そうやって作った「リバーブ成分のみが鳴るトラック」に、メインのドラムトラックから切り出したスネアを貼り付ければいいだけ、なんですよね。

これで、思い描いていた「いいとこでスコーンとリバーブで抜けるスネア」が、わりと簡単に出来ちゃいます。
もちろん、スネア以外でも色々貼付けてガンガン抜いちゃえば、めちゃめちゃ面白く遊べます。
あ、ここで1つだけ気をつけるのは「ズブズブに反響させると低音が膨らむので、イコライザで低音をカット」つうことです。
面白くてやり過ぎると、ぜったい音が歪んだりすると思うんですが、このダブトラックの低音をイコライザ等で切っておくだけで、ほとんどのトラブルは解消すると思います。リバーブとかディレイとかって、どうしても低音がふくらむじゃないですか?

2)表情を変えていくズブズブのディレイをかけたい!<SEっぽいディレイの使い方

そういうニーズにオススメなフリーのプラグインは「multidelay」ですねえ。

…あまりのツマミの多さにビビると思うんですけど(笑)、いじるとこは、どうせちょっとだけです。プリセットだけでも相当遊べますし。ええと10chの独立したディレイがあるのですが、自分は4ch以上使ったことがないです(笑)。
これのいいとこは「左右のチャンネルを独立していじれる(デフォでは1ch・2chに、それぞれL・Rが振られる)」「チャンネルごとに独立した発振器がついてて、それをハイorローパスフィルター等に連動させることが出来る」「チャンネル出力を、別のチャンネルに送ることが出来る」とか、そんなところでしょうか。
個人的常套手段は1・2chで左右パラで残響させて、ch3・4は1・2chを入力源としてハイorローパスフィルターをかける、あとはGarageBandのトラック音量でコントロールする、って感じの使い方です。

ここでのミソは、実音の部分はトラック音量でカットしてあるということ。
鳴らしっぱなしにしたらスピーカーが飛んじゃうぐらいのヤバいセッティングをしても、こうやってトラック音量でコントロールしてやれば、飼いならすことが出来ちゃったりするんですよね。
歌もののリミックスで、こういうセッティングをしたトラックにボーカルの余韻を食わせて、歌の余韻が変化してく、みたいな使い方もよくやります。その時はディレイ成分をトラック音量で「いったん持ち上げてフェードアウト」って感じにします。
ドラムの音を食わせて、クレシェンド→ブツ切りとかにして、展開のアクセントなSEにしたりもします。
何にしろ「コントロールしがたいズブズブのディレイ」ってのを、トラック音量でいじってしまえば割と飼いならすことが出来るってのは、意外と気付かないTipsなのかなあと思います。少なくとも自分は気付くのに1年かかりました(笑)。

最後に言い訳がましく言っとくと(笑)、とうぜん唯一絶対の正解なんてないので「こんな遊び方もある」ぐらいに捉えておいてください。人に自慢げに言った時に恥かいても、謝るぐらいしか出来ないんで(笑)。

ええと、面白かったですか?(笑)。
ご意見・ご感想・ご希望など、お寄せいただけたら幸いです。



Loop_9 (るーぷないん)プロフィール

Loop_9

自分でも不安になるぐらい(笑)のミュージックラヴァー。
聴くのは何でも。やるのは電子音楽。
Garagebandとの出会いで、10年弱のブランクを破って音遊びを再開。
GBUCではたぶん一番多くリミックスを手がけている、局所的多作リミキサー。
iBookを使ったDJなんかもやってたり。GBUCのイベントでも時折プレイさせてもらってます。
こっそりユニットもやってるらしいです(笑)。









about GBUC?

Apple iLifeを構成するDTMソフトウェアGarageBandを中心としたユーザーコミュニティサイトです。また、 LOGICCUBASEACIDDigitalPerformer その他全てのDTM作品はもちろん、映像作品やPodcastApple Loopなど、Windows・Macでの制作環境を問わず投稿可能です。ユーザー登録を行うと、作品の投稿をはじめ便利な機能がたくさん使えるようになりますので、リスナーの皆様も是非!ユーザー登録はこちらからどうぞ!

LICENSE

当サイトで紹介している作品群は、GBUC で公開されているそれぞれのライセンスに帰属します。作者個々のライセンスをご確認下さい。
GBUC で紹介されている作品は creative commons license の下でLicenseされています。

Listen! GBUC編集室

Listen GBUCの制作スタッフと制作に協力して頂いている皆さんの紹介しています。 Listen! GBUC編集室はこちら

このページについて一言物申す!

投稿されたコメント(最新の5件)